ご挨拶

理事長写真

平素は、本組合の活動に格別のご理解とご愛顧を賜りまして、厚く御礼申し上げます。
本組合は、この平成21年11月に、設立10周年という記念すべき日を迎えました。この節目の年を迎えるにあたり、リサイクル業界へのパラダイムシフトを起こすべく、3R(リデュース/減らす、リユース/再使用、リサイクル/再資源化)を推進し、「循環型」「低炭素」「自然共生」の3つの社会実現のため、グローカルモデル(4つの循環/国際、国内、ブロック、地域)を構築してまいります。中期的には、平成27年度目標である具体的な指標「資源生産性」及び「循環利用率」の向上と「最終処分量」の削減に向けて、「廃棄物発電(熱回収)」「バイオマス系循環資源」「静脈物流システム」「枯渇性資源の抑制」「生物多様性の保全」「化学肥料等の使用低減」などの様々な環境・資源エネルギー向けた課題への取り組みを積極的に展開してまいります。全国の組合員の皆様とその地域への貢献を目指し、限りある資源を効率よく活用するため、真に成長・発展する組合にしてゆく所存ですございますので、皆様のご支援、ご協力のお願いを申しあげます。

日本資源再生事業振興協同組合
理事長 中島 完司

ページのトップへ戻る